☆培養部 新入職員のご紹介☆

培養室長 家田です。

5月になりました!つつじがきれいに咲いています。もうなんだか初夏のような陽気です。こんな時ほど体調には気を付けて下さいね。

IMG_1
伊豆の小室山公園のつつじです。35,000平方メートル(東京ドーム0.7個分です!)に40種類約10万本のつつじがあるそうですよ。

 

今年も培養部に3名の新人職員が入職しました。一か月ほど経ちましたが、まだまだ緊張がとれずガチガチな感じで仕事を必死に覚えています。新人職員が入職するたびに自分が新人だった頃を思い出します。

大学では動物の卵子や精子や胚を用いて研究をしていましたが、社会人になりヒトの胚を実際にさわる・・・毎日とてつもない緊張感で手が震えていました。あれから、もう長い年月が経ち、たくさんの若い胚培養士たちが育ってきました。

培養部のみんなは、患者様の卵子や精子、そして受精して成長した胚を扱うことの重みと責任を毎日背負いながら仕事をしています。ここにいる胚培養士のみんながこれからの不妊治療の培養の世界をリードしていき、より高い技術を習得しまた若い世代に伝授していくのだと思います。

最近、歳をとったせいでしょうか・・・「若いっていいな~」とつくづく実感します。若い時は何だか全てのことが無我夢中であっという間に時がたっていき、今になっていろんなことに後悔したり反省したり・・・でもそれが人生だよな~と思っている自分に「あっ、歳とったな」と思う今日この頃です。私も新人3名の活き活きとした希望に満ちた熱気を吸い取りながらこれからも精進していきたいと思います!!

IMG_2
今年入社した新人3名です。お顔見せは「恥ずかしい」とのことなのでマスクと帽子着用で・・・「毎日たくさん練習して頑張ります!」とのことでした。

 

IMG_3
こちらが後ろ姿です。きっとマスクと帽子を着けたまま、外来を行き来することもあるかと思います!この後ろ姿を見つけましたらぜひ「新人さん、頑張って!」とお声掛け下さい。