☆問診票☆

こんにちは 看護部です。

「3月~再来時の問診票を変更させていただきます」というお知らせをさせていただき変更しましたが・・内容が分かりにくく十分活用できていないようなので再度訂正し、近日中より変更させていただきます。

①基本、担当医が休診でない日は担当医が診察を行いますのでチェックは必要ありません。

②但し、担当医が休診ではないものの、待ち時間上、担当医の診察を受ける時間はなく患者様のご都合で、担当医に関わらず診療を終え帰宅したい場合は「担当医に関わらず、早く診療を終えたい」にチェックしてください。

「担当医に関わらず、早く診療を終えたい」にチェックされた場合は、担当医がいる場合は担当医が、担当医休診の場合は院長が、どの医師が診察するかの指示を出し、その他の医師が診療を行っております。

③担当医が休診ではないが、他の医師の診察希望の場合・今後の担当医変更の希望は、受付または処置室に直接お声がけください。

④担当医が休診の場合は、医師を選択できます。
当日の「担当医日程表」より、本日希望医師名をチェックして下さい。

・患者様の希望は伺っているものの、治療内容によっては希望にそえない場合がありますのでご了承ください。

基本、担当医制をとっておりますが、長時間の待ち時間対策として検討させていただいた内容ですので、患者様が十分活用できるようにブログでお知らせさせていただきました。

ご不明点は、直接処置室へ入室し看護師へお問い合わせください。

・HP上で外来進行状況が確認できるようになりましたが、以前と比較して、いくらか外出時間を充実してお過ごしいただいていますか?

今後も、患者様の診療がスムーズに行えるよう検討を重ねて参ります。
よろしくお願いします。

問診票②

☆移植後の日常生活の注意点☆

お久しぶりです。看護部です。

少しずつ気温も湿度も高くなり、いよいよ梅雨シーズンに向かっております。皆様、お元気でいらっしゃいますか?

本日は日頃、患者様の質問が多い体外受精の中から「移植後の日常生活の注意点」についてお話させて頂きます。
移植後、ベッドで安静にしていただいている際、看護師より説明している内容です。
ブログ用 (002)
移植当日は、消毒やカテーテル挿入の刺激により少量の出血がみられる場合があります。
そのため出血を助長させないよう当日の激しい運動は控えて頂いております。
また、感染のリスクもあるため入浴も控え、シャワー浴で対応してください。
(出血が認められなければ、翌日からの入浴は可能です。)

翌日からの日常生活上の制限は設けておらず、通常の生活を送って頂くようお話させて頂いております。

その他、飛行機での移動や温泉、鍼灸は良いのかという質問も多いのですが、それらも判定日までは特に問題はなく、制限は設けておりません。また、風邪薬や鎮痛薬などの服用に関しても判定日までは可能です。
但し、判定日以降の服用に関しては医師への確認が必要となります。診察時、直接ご相談下さい。

判定日までは、期待と不安が入り混じり、心身ともにデリケートになる時期と思います。また、毎日の診察も待ち時間が長く皆様には大変ご迷惑をおかけしておりますが、少しでも皆様の負担を軽減できるようスタッフ一丸となって努力して参ります。

今後も患者様から多く寄せられる質問をピックアップし、ブログでお伝えしていきたいと考えております。

 

 

 

☆日本卵子学会☆

培養室長の家田です。

もう初夏の季節になりました。今年も暑い夏がやってくるのでしょうか。

先日、日本卵子学会に参加して参りました。今年は、新潟で開催でした。『新潟』と聞いただけでウキウキしていました。以前は日本哺乳動物卵子学会という名称でしたが、今は日本卵子学会と学会名が変わりました。もともとは動物(ウシやマウスなど)の卵子や精子の形成や受精、発生、着床または遺伝についての基礎研究の内容が多かったのですが、最近では、ヒト胚に関する研究についての発表もたくさんあります。また、我々胚培養士が必要とする「生殖補助医療胚培養士」という認定も行っている大きな学会です。今年も当院から2名受験し、無事合格しました。アメリカなどでは、胚培養士も国家資格として認められていますが、日本では胚培養士を資格としていません。患者様の卵子や精子、受精卵を扱う仕事は大変責任ある仕事です。胚培養士という国家資格はありませんが、やはりきちんと認定試験を受け、「生殖補助医療胚培養士」と認められた培養士が患者様の卵子、精子、受精卵に関わるべきであると思っています。しかし、入社してすぐにこの認定を受けられるわけではありません。豊富な知識と難しい技術をきちんとクリアした者に受験資格があります。当院では、3年以上経験(年数ではなく、知識と技術が伴っているかが大事です)がないと受験できないので、みんな日々頑張っています。胚培養士の話は、また色々お話したいと思います。

今回も、実りある話と大学の先生との久しぶりな再会があり、今後の研究に多いにつなげていこうと思いました。

新潟は大変良いところです!ぜひ、皆様も新潟まで足を運んでみて下さい。ちなみに、『ピアBandai』という市場に行ったのですが、魚がめちゃめちゃ安く、「弁慶」というお寿司屋さんも最高でした。回転寿司ですが、馬鹿にできませんよ。魚が新鮮で、たくさん食べちゃいます。新潟に行かれたら、ぜひ食べに行ってみて下さい。

写真1:信濃川がきれいでした。
写真1

 

 

 

 

 

 

 

写真2:新潟駅にある「ぽんしゅ館」。100種類ほどの酒が堪能できます。写真2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真3:日本酒、ランキングです!
写真3