☆第62回生殖医学会学術講演会☆

培養室の嶋村です。

鍋の美味しい季節となりました。

 

さて、先日11月16-17日、山口県下関市において第62回生殖医学会学術講演会が開催され、当クリニックからも参加しましたので、ご報告致します。

参加したメンバーは、医師3名、培養部3名、看護部3名、検査部1名の計10名です。

 

15日夜山口宇部空港に到着後、貝嶋院長のポケットマネー(?)でお食事に連れて行ってくださいました~。

ねぎを包んでいただくそうです
ねぎを包んでいただくそうです

 

院長はいつもお茶目です
院長はいつもお茶目です

 

みなさん、テッサ・てっちり・ひれ酒まで堪能し、楽しい夜となりました。

 

 

 

さて、当日・・・

 

皆各々行動となります
皆各々行動となります

 

今回の学会のテーマは、「生殖医療の潮流を読み解き、幸多き未来へ」

これは、下関関門海峡の安全な航行を手助けし、海の安全を守っている水先案内人の役目になぞらえ、生殖医学会も生命の誕生にかかわる責務を担っていることから作られたということです。

会場は7会場あり、自分の興味あるところで各自聴講し、発表がある人は決められた時間にスタンバイします。

 

当クリニックからの発表は5題

「体外受精開始年齢別の累積出産率の検討」

「異なるsingle mediumを用いた個別培養システム(LinKid Micro8)の有効性評価とマイクロウェル内の胚発育メカニズムの解析」

「当院における流産絨毛染色体検査結果の臨床的検討」

「当院における凍結分割胚移植および凍結胚盤胞移植後の臨床成績の比較検討」

「当院通院中の患者向けホルモン検査勉強会有用性について」

(発表時間順)

581題の一般演題のうち5題を当院が占めているということになります。

 

 

このような学会において必ず議論されるのが、「体外受精の安全性」です。

これは卵巣刺激方法の安全・採卵の安全・胚培養の安全・妊娠後の安全・生まれた赤ちゃんの安全、つまりすべてが安全かどうかが調査対象となります。

例えば、出産時の合併症はどうだったのか、赤ちゃんの体重はどうだったのか、赤ちゃんに異常はなかったのかなど。

これは、当院卒業時に皆様にお渡しするアンケート結果を、日本産科婦人科学会にデータとして申告しており、各施設からの大規模調査のもとに明らかとなっていくものであります。

 

 

さて、2泊3日の旅、クリニックのデータを発表できるのは本当に幸せなことです。

皆様に感謝です。ありがとうございました。

 

☆スポーツの秋 マラソン☆

お久しぶりです。看護部です。

 

10月は台風、雨続きで秋らしさをあまり感じない日が続きましたね。

 

しかし秋といえば「スポーツの秋」・・・という事で先日お休みを頂き、北海道の別海町で開催されるマラソン大会に出場してきました。

road3

road

 

別海町は酪農が盛んな町で人口より乳牛の数の方が多いそうです。

農道のいたる所に立派なホルスタイン達がいるため、彼らを眺めながらの実に北海道らしいランでした。

久しぶりのフルマラソンはとても疲れましたが、北海道の豊かな自然と美味しい食べ物でパワーを蓄える事ができました。

 

road2

 

 

ちなみにこの大会の完走賞は地元名物のバターやヨーグルトのセットに加え、北海道産の秋鮭1匹という大変豪華なものになっており、ランナーの中では日本一美味しい大会とも言われております。とてもおすすめの大会です!

 

 

皆さんも是非参加してみてはいかがでしょうか。

☆11月学会参加による診療時間変更のお知らせ☆

こんにちは。受付です。

今月は、貝嶋院長と香川医師が学会に参加するため、診療時間の変更がございます。

ご迷惑おかけいたしますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。ご来院の際はご留意ください。

 

●11月15~17日:午前診療。診療受付時間は8:30~13:00となります。

●11月15日:学会のため、貝嶋院長、香川医師の診療は12:00までとなります。

●11月16~17日:学会のため、貝嶋院長、香川医師休診となります。

 

 

先日のハロウィン、最近ではすっかり定着したイベントになりました。

私は仮装できないので13才の元気なおばあちゃんわんこに仮装させて散歩してきました。

14339

収穫は….ゼロでした。リュックサックは空っぽです。
収穫は….ゼロでした。リュックサックは空っぽです。

 

今年も早いもので残り2か月となりました。先日木枯らし1号も吹き、これから冬本番となります。

風邪などお召しになりませんよう、くれぐれもご自愛ください。