☆7月からの診療時間について☆

こんにちは。院長の貝嶋です。

 

7月から診療時間の変更がございますのでお知らせいたします。

 

昨年夏より土曜日午後の診療はお休みさせていただいており、

患者様には午前の混雑などご不便をおかけいたしまして誠に申し訳ございませんでした。

 

ドクターやスタッフも増え、土曜日の午後についても患者様をお迎えできる準備が整いましたので

7月より土曜日午後の診療を再開いたします。

 

新)土曜日 診療時間 8:30-11:00  14:30-16:30

 

日曜日に関しても「予約票」をお持ちの指定患者様のみとなり、

今後も、少しでもお待たせしないよう、また通いやすい環境づくりを行っていく予定です。

 

また学会参加や、急な所用により診療時間などが変更になる場合もございますので、

詳しくは診察医スケジュール表をご確認ください。

 

よろしくお願い申し上げます。

☆CD評☆

こんにちは。
日に日に春らしい陽気になり、花粉情報とともに桜の開花予想も気になり始めました。

さて、前回の投稿でご紹介した“THE MEMORY OF YVONNE CURTY”ですが、最近発売された「レコード芸術」誌のCD評で取り上げていただきました。 よろしかったらご一読ください。
キュルティの思い出の批評

 

☆私のおすすめCD☆

こんにちは。昨年10月にブログを開設して以来、久しぶりの投稿です。

今回は、2月中旬発売の私のオススメCD、 “THE MEMORY OF YVONNE CURTY”と、昨年発売した”DEAR MY YVONNE CURTY”も併せて紹介をしたいと思います。

みなさまは、イヴォンヌ・キュルティという方をご存知ですか。1930年前後にパリで活躍していた素晴らしい女流ヴァイオリニストです。
イヴォンヌ・キュルティとの出会いは、私がまだ30代の多感だった頃(今でも多感ですが。。。)まで溯ります。クラシック音楽への趣味が高じて、忘れ去られた演奏家達、海外では有名でも日本では知られていない演奏家達の古いレコードを発掘しているうちに、本当に素晴らしい芸術に(音楽に)接するようになりました。単なるアーカイヴとしてではなく、これは広く紹介すべきだと思い、20年以上前から、いろいろなアーティストのCD化を進めてきました。手がけたCDは、今では20枚ほどになります。その過程でイヴォンヌ・キュルティのレコードを知り、彼女の演奏に夢中になってしまいました。それから着々と残されたSP盤(78回転盤)を蒐集し、今回世界で初めてアルバムとしてリリースする事ができました。

イヴォンヌ・キュルティの演奏法は、現代のそれとは異なり、ポルタメントやヴィブラートを多用するのですが、彼女の個性的な表現が素晴らしく、逆に新鮮に感じられます。

“THE MEMORY OF YVONNE CURTY”では、企画、制作、レコード提供まで、すべて関わらせていただきました。ライナーノートも執筆しました。

日頃クラシックが身近でない方にも、ぜひ一度お聴きいただきたい1枚です。

THE MEMORY OF YVONNE CURTI
THE MEMORY OF YVONNE CURTI

DEAR MY YVONNE CURTI
OVXL-75-H14obi

 

患者様説明会

10月7日は、日程を変えての患者様説明会でした。
平日の夜にも関わらず大勢の方々にお越しいただきまして、ありがとうございました。
しばらくの間、当説明会はお休みになりますが、できるだけ早い再開を目指します。

 

ブログを開設しました

こんにちは。院長の貝嶋です。

中村先生が退職され、外来が混雑する日が多くなりました。患者様には非常にご迷惑をおかけしてしまい申し訳ございません。1日でも早く元の態勢に戻れるよう努力しています。

皆様のご理解に感謝しつつ、スタッフ一同努力してまいります。