☆日本受精着床学会☆

こんにちは。医師の藤城です。

 

7月20-21日に鳥取県米子市で開催された第35回日本受精着床学会に参加してきました。

学会ポスター

さまざまなシンポジウムや教育講演が行われ、また多くの研究内容が報告され、大変興味深かったです。シンポジウムでは、DOHaD説の演題が取り上げられていましたので、少し紹介させて頂きます。

DOHaD説とは「胎生期から乳幼児期に至る栄養環境が、成人期あるいは老年期における生活習慣病発症リスクに影響する」という説です。

具体的には、「胎児期に低栄養環境におかれた個体が、出生後、過剰な栄養を投与された場合に、肥満・高血圧・2型糖尿病などのメタボリックシンドロームに罹患しやすくなる」というものです。

今回のシンポジウムでは、胎生期、乳幼児期だけでなく、受精周辺期(排卵約3か月前から受精後2か月ごろ)の栄養環境が、将来的な生活習慣病発症リスクのみならず、さまざまな病態に影響する可能性について取り上げられていました。

また、高齢期にビタミンDが欠乏した場合は骨粗鬆症が、小児期に欠乏した場合はくる病*1や自閉症が、胎生期に欠乏した場合は骨格異常、低出生体重児、神経管閉鎖障害*2と関与する可能性が言われています。これに加え、生殖期に欠乏すると妊娠しにくくなったり不育に関与する可能性も言われています。

学会では睡眠の質が受精率に影響する可能性についての発表もありましたが、普段から栄養面や、睡眠などに気を付けることは、妊娠のためだけでなく、将来生まれてくる赤ちゃんの健康を維持する上でも大事なことだと思います。

 

夜は会場近くの皆生温泉に宿泊しました。 打ち上げ花火が上がりきれいでした。
夜は会場近くの皆生温泉に宿泊しました。
打ち上げ花火が上がりきれいでした。

 

<補足>

*1 「くる病」 カルシウムが骨に沈着せず、軟らかい骨様組織が増加して、骨の成長障害がおこったり骨格や軟骨部の変形がおこったりします。

*2 「神経管閉鎖障害」 脳や脊髄などの中枢神経系のもと(神経管)の一部が塞がり、脳や脊髄が正常に機能しなくなる病気です。

☆夏登山の季節☆

看護部です。

夏登山の季節がやってきました。

ずっと行きたかった木曽駒ケ岳に登ってきました。

IMG_1584

前日に千畳敷カールにあるホテルに宿泊し、星空と朝焼けを堪能して、いざ登山へ。

散策した時に残雪が多いな・・・と思っていたけど、登山道にも少し残ってて。

怖かったけど、天気も良くて気分転換でき、楽しい登山でした。

IMG_1609

☆スタッフの休日☆

こんにちは!看護部です^^

5月も中旬に入り、過ごし易い季節というよりも、暑いくらいの日差しが初夏を感じさせてくれますね。

今回は3名のスタッフの休日についてお話させていただきたいと思います。

 

 

先日連休をいただきまして、草津温泉に旅行に行かせていただきました。

昼間と夜の寒暖さがあり、夜はひんやり寒いくらいでした。

温泉で心も身体もリフレッシュしてきました。

写真は横浜から1ヶ月遅れに満開になったサクラと、湯畑の写真です。

DSC_4542

DSC_4536

スタッフバトンタッチです^^

 

GWが終わり1日お休みをいただいて、茨城県ひたちなか市にある国営ひたち海浜公園へ行かせていただきました!

その中でネモフィラのお花がとても綺麗だったのでご紹介します。

ニュースなどでもよく取り上げられていたので、ご存知の方や行かれた方も多いのではないでしょうか?

これがネモフィラの写真です。

ネモフィラ②

FullSizeRender

ではラストです^^

 

先日、遅めの連休を頂き、石垣島へ行ってきました。

天候にも恵まれ、青い海に癒されてきました。

川平湾でグラスボートに乗ったら、奇跡的に亀に遭遇しました。

地元のガイドに、亀は幸せを運んでくると教えてもらいました。

写真を一緒に載せたので、皆さんにも幸せをおすそ分けします。

海はきれいだし、石垣牛は美味しいし、お酒も沢山飲めるし、石垣島は最高です。

ぜひ皆さんも、癒されに行ってみてはどうですか。

IMG_1335

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

☆薬剤師☆

1月に入職しました薬剤師の増田です。

皆様が安心してお薬を使用できるようにお手伝いできればと思います。

他院から処方されたお薬の飲み合わせなど、心配な点がございましたらご相談下さい。

薬写真

☆薬剤師☆

こんにちは。看護部です。

今日は1月より当院に入職した薬剤師を紹介いたします。

 

現在、処方薬は医師、または受付より患者様にお渡ししておりましたが、2月1日よりそれらを薬剤師よりお渡しする形になります。

診察終了後、会計前に受付カウンターにてお薬をお渡しする流れとなりますが、お薬待ちの患者様が多い場合は先に会計でお呼びする事もございます。

また薬剤師が不在の場合は従来通りの流れとなりますのでご了承下さい。

☆看護相談アンケート☆

こんにちは。看護部です。

看護部では、これまで看護相談をご利用頂いた患者様を対象に、アンケートを実施しております。

既にご覧になった方もいらっしゃるかと思いますが、先月より皆様から頂いたアンケートの内容を内診前室に掲示させて頂いております。

相談をお受け頂いた患者様からのご意見を元に、より多くの患者様にご利用頂けたらと思い、適宜開催日・時間・予約システム等変更して参りました。よろしければご覧くださいね。

看護相談

☆謹賀新年☆

皆様、ご無沙汰しております。看護部です。

 

新年あけましておめでとうございます。

 

さて、昨年8月よりHP上、院内掲示にてお知らせしておりました感染症採血についてです。

今年に入り、まだ数日しか経っておりませんが、採血結果が出ていない・検査を受けていないことにより採卵が中止になるケースが続いております。周期を整えて採卵日を迎える事ができたものの、採卵が中止になってしまう事はとても残念です。ベストなタイミングで治療ができる様に検査へのご理解とご協力をお願い致します。

なお、ご主人様の感染症採血に関しましては特に事前予約は必要なく、診療時間内に来て頂ければいつでも受けられます。その際は受付にお声がけ下さい。

 

2017年の今年は酉年です。皆様がたくさんの幸せを取り(酉)込めるように、スタッフ一丸となって努力して参ります。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

お花

☆感染症採血☆

こんにちは。看護部です。

11月に入り一段と寒さがます今日この頃ですが、皆様体調など崩されていないでしょうか。

 

さて、8月より皆様にお知らせさせて頂いております感染症採血についてです。

これらは感染予防の観点として、患者様の安全はもちろん、卵子や精子、受精卵を安全に扱う上でも、とても大切な事と考えております。

 

当院では、院内の規定により感染症採血結果は1年を期限とさせて頂いております。それに伴い、11月より採血期限が近付いている患者様(ご主人様)には検査科よりお声をかけさせて頂いております。

検査結果が確定していない状況での(採血未・期限切れ・結果待ち)人工授精・体外受精は、行えなくなってしまいます。

また採血の結果が出るまでにお時間を要しますので、事前の採血をお願いしております。

 

尚、ご主人様が遠方等で採血が困難な場合は、直接医師へご相談下さい。

 

皆様にはお手数をおかけしますが、院内感染予防のご理解とご協力をよろしくお願い致します。

院長先生指さし

☆野口舞子先生☆

こんにちは。

4月から勤務しております医師の野口です。

お産に憧れて産婦人科医になり、最初は一般婦人科及び周産期をメインに携わっていました。

その中で、不妊に悩む患者様方に触れ、少しでもお役に立ちたいと思い今に至ります。

ひとりでも多くの患者様に、納得のいく治療を提供できるよう頑張ります。

どうぞよろしくお願いします。

野口先生名札★

☆香川愛子先生☆

皆さん こんにちは。

私は、分娩・産科婦人科手術を行う産婦人科医として約7年間勤務した後、高刺激をメインとし体外受精に3年間携わってきました。

今までの経験や知識も参考にしつつ、一人でも多くの方に良い結果をもたらすことができるよう努力していきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

 

香川先生名札★