☆薬剤師☆

こんにちは。看護部です。

今日は1月より当院に入職した薬剤師を紹介いたします。

 

現在、処方薬は医師、または受付より患者様にお渡ししておりましたが、2月1日よりそれらを薬剤師よりお渡しする形になります。

診察終了後、会計前に受付カウンターにてお薬をお渡しする流れとなりますが、お薬待ちの患者様が多い場合は先に会計でお呼びする事もございます。

また薬剤師が不在の場合は従来通りの流れとなりますのでご了承下さい。

☆看護相談アンケート☆

こんにちは。看護部です。

看護部では、これまで看護相談をご利用頂いた患者様を対象に、アンケートを実施しております。

既にご覧になった方もいらっしゃるかと思いますが、先月より皆様から頂いたアンケートの内容を内診前室に掲示させて頂いております。

相談をお受け頂いた患者様からのご意見を元に、より多くの患者様にご利用頂けたらと思い、適宜開催日・時間・予約システム等変更して参りました。よろしければご覧くださいね。

看護相談

☆謹賀新年☆

皆様、ご無沙汰しております。看護部です。

 

新年あけましておめでとうございます。

 

さて、昨年8月よりHP上、院内掲示にてお知らせしておりました感染症採血についてです。

今年に入り、まだ数日しか経っておりませんが、採血結果が出ていない・検査を受けていないことにより採卵が中止になるケースが続いております。周期を整えて採卵日を迎える事ができたものの、採卵が中止になってしまう事はとても残念です。ベストなタイミングで治療ができる様に検査へのご理解とご協力をお願い致します。

なお、ご主人様の感染症採血に関しましては特に事前予約は必要なく、診療時間内に来て頂ければいつでも受けられます。その際は受付にお声がけ下さい。

 

2017年の今年は酉年です。皆様がたくさんの幸せを取り(酉)込めるように、スタッフ一丸となって努力して参ります。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

お花

☆感染症採血☆

こんにちは。看護部です。

11月に入り一段と寒さがます今日この頃ですが、皆様体調など崩されていないでしょうか。

 

さて、8月より皆様にお知らせさせて頂いております感染症採血についてです。

これらは感染予防の観点として、患者様の安全はもちろん、卵子や精子、受精卵を安全に扱う上でも、とても大切な事と考えております。

 

当院では、院内の規定により感染症採血結果は1年を期限とさせて頂いております。それに伴い、11月より採血期限が近付いている患者様(ご主人様)には検査科よりお声をかけさせて頂いております。

検査結果が確定していない状況での(採血未・期限切れ・結果待ち)人工授精・体外受精は、行えなくなってしまいます。

また採血の結果が出るまでにお時間を要しますので、事前の採血をお願いしております。

 

尚、ご主人様が遠方等で採血が困難な場合は、直接医師へご相談下さい。

 

皆様にはお手数をおかけしますが、院内感染予防のご理解とご協力をよろしくお願い致します。

院長先生指さし

☆野口舞子先生☆

こんにちは。

4月から勤務しております医師の野口です。

お産に憧れて産婦人科医になり、最初は一般婦人科及び周産期をメインに携わっていました。

その中で、不妊に悩む患者様方に触れ、少しでもお役に立ちたいと思い今に至ります。

ひとりでも多くの患者様に、納得のいく治療を提供できるよう頑張ります。

どうぞよろしくお願いします。

野口先生名札★

☆香川愛子先生☆

皆さん こんにちは。

私は、分娩・産科婦人科手術を行う産婦人科医として約7年間勤務した後、高刺激をメインとし体外受精に3年間携わってきました。

今までの経験や知識も参考にしつつ、一人でも多くの方に良い結果をもたらすことができるよう努力していきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

 

香川先生名札★

☆新しい先生☆

こんにちは、看護部です。
まだまだ暑い毎日が続いておりますが、早いものでもう9月ですね。季節の変わり目です、体調に気をつけてお過ごしくださいね。

 

今日は、4月に常勤で入職した2人の医師を紹介します。

既に、ご存知の患者様もいらっしゃると思いますが・・・

優しくて、明るくて・・・

患者様にとっては同性ということで、何かと相談しやすいのではないかな?と思いますが・・・いかがですか?

私達看護師にとっても、いろんな場面で、とても有難い存在です。

 

2人とも産婦人科医としては大ベテランです。

これまでの経験を活かして、当院の治療方針に沿った治療を提供させていただいております。

今後ともよろしくお願い致します。

 

☆診察室6番☆

こんにちは 看護部です。

 

これまで、待ち時間の軽減に関して、当院としても試行錯誤を重ね工夫して参りました。
患者様には長らくご迷惑をおかけしておりました。4月より常勤医が増え、待ち時間がいくらか短縮できたかな・・?と思っております。

既に、ご存じの患者様もいらっしゃると思いますが、7月末に処置室内の改装工事を行いました。
外来診療は、お休みしていなかったので処置室に入るタイミングがなかった患者様は、まだご存じないかも・・・

改装工事の目的は、医師の診察ブースを増やすためです。

これまで、診察時1.2.3.5番で診療を行っておりましたが、処置室内に「診察室6番」を増設しました。
「診察室6番にお入り下さい」のアナウンスがありましたら、処置室へお入り下さい。すぐ右手に「診察室6番」があります。
よろしくお願いします。

ご不明点は、院内スタッフへお声かけください。よろしくお願いします。

FullSizeRender (5)

FullSizeRender (3)

 

 

 

 

☆問診票☆

こんにちは 看護部です。

「3月~再来時の問診票を変更させていただきます」というお知らせをさせていただき変更しましたが・・内容が分かりにくく十分活用できていないようなので再度訂正し、近日中より変更させていただきます。

①基本、担当医が休診でない日は担当医が診察を行いますのでチェックは必要ありません。

②但し、担当医が休診ではないものの、待ち時間上、担当医の診察を受ける時間はなく患者様のご都合で、担当医に関わらず診療を終え帰宅したい場合は「担当医に関わらず、早く診療を終えたい」にチェックしてください。

「担当医に関わらず、早く診療を終えたい」にチェックされた場合は、担当医がいる場合は担当医が、担当医休診の場合は院長が、どの医師が診察するかの指示を出し、その他の医師が診療を行っております。

③担当医が休診ではないが、他の医師の診察希望の場合・今後の担当医変更の希望は、受付または処置室に直接お声がけください。

④担当医が休診の場合は、医師を選択できます。
当日の「担当医日程表」より、本日希望医師名をチェックして下さい。

・患者様の希望は伺っているものの、治療内容によっては希望にそえない場合がありますのでご了承ください。

基本、担当医制をとっておりますが、長時間の待ち時間対策として検討させていただいた内容ですので、患者様が十分活用できるようにブログでお知らせさせていただきました。

ご不明点は、直接処置室へ入室し看護師へお問い合わせください。

・HP上で外来進行状況が確認できるようになりましたが、以前と比較して、いくらか外出時間を充実してお過ごしいただいていますか?

今後も、患者様の診療がスムーズに行えるよう検討を重ねて参ります。
よろしくお願いします。

問診票②

☆移植後の日常生活の注意点☆

お久しぶりです。看護部です。

少しずつ気温も湿度も高くなり、いよいよ梅雨シーズンに向かっております。皆様、お元気でいらっしゃいますか?

本日は日頃、患者様の質問が多い体外受精の中から「移植後の日常生活の注意点」についてお話させて頂きます。
移植後、ベッドで安静にしていただいている際、看護師より説明している内容です。
ブログ用 (002)
移植当日は、消毒やカテーテル挿入の刺激により少量の出血がみられる場合があります。
そのため出血を助長させないよう当日の激しい運動は控えて頂いております。
また、感染のリスクもあるため入浴も控え、シャワー浴で対応してください。
(出血が認められなければ、翌日からの入浴は可能です。)

翌日からの日常生活上の制限は設けておらず、通常の生活を送って頂くようお話させて頂いております。

その他、飛行機での移動や温泉、鍼灸は良いのかという質問も多いのですが、それらも判定日までは特に問題はなく、制限は設けておりません。また、風邪薬や鎮痛薬などの服用に関しても判定日までは可能です。
但し、判定日以降の服用に関しては医師への確認が必要となります。診察時、直接ご相談下さい。

判定日までは、期待と不安が入り混じり、心身ともにデリケートになる時期と思います。また、毎日の診察も待ち時間が長く皆様には大変ご迷惑をおかけしておりますが、少しでも皆様の負担を軽減できるようスタッフ一丸となって努力して参ります。

今後も患者様から多く寄せられる質問をピックアップし、ブログでお伝えしていきたいと考えております。