アインライブング

植物のやさしい香りとあたたかな手があなたを真のやすらぎへと導く

癒しの全身オイルトリートメント
アインライブング

「アインライブング」は、アントロポゾフィー医学の手当のひとつである、植物のエッセンスの入ったオイルを全身にそっと塗っていく施術です。
肌触りのよい布で全身をやさしく包まれて、まるで子どもの頃に戻ったような感覚と、オイルを塗る手の温かさや独特のリズムと動き、植物のいい香りにより、さまざまなストレスで不調に陥ってしまった心とからだにバランスを取り戻す手助けをします。

「アインライブング」とは

ドイツ語で「撫でること、さすること、塗り込むこと」といった意味の言葉です。その名の通り、全身をそっと撫でるようにオイルを塗ります。やさしくあたたかな手の感触と全身を包まれる安心感に、ストレスで緊張したからだもホッと緩んでくるでしょう。

使用するオイル・バスミルクについて

アインライブングで使用するオイル・バスミルクには、アントロポゾフィーの農業法であるバイオダイナミック農法によって育てられた植物が使われています。バイオダイナミック農法は農薬等を一切使用しない、自然にも人にもやさしい農業です。オイル・バスミルクも、アントロポゾフィーの考え方に基づいた製法で丁寧に作られています。

アントロポゾフィー医学について

ルドルフ・シュタイナー(1861-1925)が提唱した、精神的な面から見た人間・自然・宇宙などについての理解の体系『アントロポゾフィー』を元にした医学です。アントロポゾフィーとは『人間の叡智』という意味の造語です。アントロポゾフィーの考え方は、医療、教育、農業、文学、芸術など、様々な分野に応用されています。

アインライブングは、漢方外来医師の診断および処方指示が必要となりますので、ご希望の方は漢方外来を通してご予約ください。

施術者 杉田 裕子

看護師。循環器内科病棟などで働く間にアントロポゾフィー看護と出会い、勉強を始め、国際アントロポゾフィー看護ゼミナール基礎コース(1期生)を修了しました。当クリニックでは、2011年6月以来、約3年半で130名以上の患者様に施術を受けていただきました。

これまで施術を受けられた方の中には不眠や冷えが改善したり、子宮内膜が厚くなる、卵子が育つようになるなどの具体的な変化があった方もいらっしゃいます。また、ストレスが軽減し、落ち着いて不妊治療に向かえるようになったというご感想も数多くいただいております。

アインライブングでは、身体で感じられる心地よさや、何にも煩わされずに自分自身に意識を向けることを大切にしています。これは「あるとよいもの」ではなく、身体や心にとって「必要なもの」であることを、私自身が仕事や生活の中で感じてきました。アインライブングを通して、その「必要なもの」を多くの方に体験していただきたいと願っています。

ドイツでアントロポゾフィー医学を学ばれた貝嶋美哉子医師と連携し、通常の医療とは違った方向から心身を整えるためのサポートとして行っております。治療の合間にほんのひととき、心と身体を休める時間としてお役立ていただけると嬉しいです。

施術の流れ

カウンセリング

当日の施術の流れをご説明します。

フットバス(約10分)

温かいお湯といい香りで心とからだをほぐします。

アインライブング(約40分)

背中・腕・胸・おなか・足…時と共に深くリラックスしていきます。

休息(約20分)

安らいだ感覚がからだに浸透していきます。

〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-6-3 MMパークビル2F