FAQ

体外受精について

  • 体外受精は土日祝日も行っていますか?
  • 当院では土日祝日も含め365日、体外受精が行える環境が整っております。採卵のチャンスを逃すことがありません。
  • 自然周期の体外受精とは?
  • 最少量の内服や注射、もしくはこれらを完全に使用しないより自然に近い身体にやさしい治療法です。
  • 精子検査の種類は?(院内で行えるものは?)
  • 精液検査により精液量、精子濃度、精子の運動率などがわかります。
  • 体外受精で入院の必要はありますか?
  • 入院の必要はありません。採卵・移植も全て日帰りです。
  • ICSIとは何ですか?IMSIとの違いは何ですか?
  • ICSI(顕微授精)は針を用いて1個の精子を卵子に直接注入する操作です。
    通常のICSIでは低倍率で精子を選びますが、IMSIでは高倍率で精子を観察することが可能であり、より良い精子を選択することができます。
  • 凍結胚や精子はどれくらい長期保存が可能ですか?
  • 半永久的に保存が可能です。ただし、生殖年齢を考慮し50歳くらいまでには移植するべきと考えております。
  • 男性側が原因で不妊になることはありますか?
  • 精子の数が少なかったり、運動率が低下している場合、自然妊娠が難しくなる可能性があります。
  • 重度の男性不妊でも体外受精はできますか?
  • 可能です。無精子症の場合には、精巣上体から細い針で穿刺して精子を回収する方法や直接睾丸を切開して精子を回収する方法を行います。
    ただし全ての患者様において精子を回収できるとは限りません。適応の患者様には、医師からご説明をさせていただきます。
  • 卵子提供は行っていますか?
  • 行っておりません。

採卵について

  • 採卵は無麻酔ですか?
  • 当院では基本的に無麻酔で採卵を行っております。状況に応じて局所麻酔や痛み止めを使用することがあります。
  • 採卵した卵子は必ず体外受精に使えますか?
  • ほとんどの場合、体外受精が可能な卵子ですが、状態が良くない卵子が採れることもあります。
  • 採卵当日にご主人が来院できない場合はどうすればいいですか?
  • 専用の容器をお渡ししますので、採卵当日の朝、採精していただき2時間程度でお持ちいただければ大丈夫です。この場合、採りなおしができませんので精子のデーターによっては顕微授精になることをご了承ください。
    また、事前にご主人様に来院していただき、精子を凍結保存する方法もあります。
  • 採卵後どんなことに注意すればいいですか?
  • お腹に響くような激しい振動は避けて、できるだけゆっくりとした動作を心がけてください。自転車やスポーツは避けてください。

移植について

  • 分割胚移植と胚盤胞移植の違いとは何ですか?
  • 採卵後2日または3日後に分割胚で移植する方法を分割期胚移植、採卵後5~7日目の胚盤胞で移植する方法を胚盤胞移植といいます。
  • 移植後の過ごし方に注意点はありますか?
  • 風邪、花粉症、便秘、鎮痛薬、ぜんそくの薬は服用しても構いません。もし妊娠していても胎児へ移行するのは5週以降と言われています。特殊な薬や予防接種は医師に相談してください。激しい運動でなければ、普段と同じように過ごしていただいて問題ありません。
  • 移植当日に出血がありました。大丈夫ですか?
  • 消毒やカテーテル挿入による刺激で、2~3日出血する可能性はありますが、問題ありません。続くようならご連絡ください。
  • 妊娠判定日前に月経がはじまりました。来院しなくてもいいですか?
  • 月経が開始したと思っても、妊娠していることが少なからずあります。妊娠判定日には必ずご来院するようお願いいたします。

治療について

  • 検査結果はその日のうちにわかりますか?
  • ホルモン値は当日の診察までに結果が出ますので、その日の状態にあった診察が受けられます。感染症や不育症など、ホルモン値以外の検査項目に関しては結果が出るまで1週間程度かかります。
  • 毎回採血するのは何故ですか?
  • 卵胞の成長や排卵の時期、排卵の有無、子宮内膜の状態を知るために、ホルモン値を測定します。
  • 毎回同じ血管で採血しても大丈夫ですか?
  • 毎回同じ血管で採血をすると、血管が固くなり、跡が残る場合もあります。
  • 貧血なのですが、毎回採血して大丈夫ですか?
  • 1回の採血量はごく少量ですので、問題ありません。
  • 不育症の検査はできますか?
  • できます。不育症の原因には、胎児の染色体異常、自己免疫異常、血液凝固異常、子宮形態異常、夫婦の染色体異常などがあります。当院では、血液検査によって自己免疫異常検査と血液凝固検査を行っています。
  • AMHの検査はできますか?
  • できます。
  • 風疹の抗体検査はできますか?
  • できます。ただし、ワクチン接種は当院では行っておりません。
  • ホルモンについて教えてもらう機会はありますか?
  • 当院では月2回ホルモンの勉強会を開催しております。
    ただし、参加は当院に通院している方に限ります。

来院について

  • 自宅が遠方ですが治療はできますか?
  • 当院の指定日に来院が可能であれば治療は可能です。詳しくは診察時に医師にご相談ください。
  • 久しぶりに治療を再開したいのですが、いつ来院すればいいですか?
  • 採卵から希望される場合は生理3日目、当院で保存している凍結卵の移植を希望される場合、生理周期によって来院日が異なりますのでお電話にてお問い合わせください。
  • 2人目希望だが、いつ来院すればいいですか?
  • 断乳し生理が2~3回順調にきましたら治療が可能ですが、生理周期、治療内容によって異なりますのでお電話にてお問い合わせください。
  • (治療について) 治療にはどれくらいの費用がかかりますか?
  • 治療費のページをご覧ください。
  • 領収書の再発行はできますか?
  • 再発行はできません。
  • 久しぶりの来院は初診ですか、再診ですか?
  • 再診の患者様として受付して頂きます。
    但し、日曜日は指定患者様のみとなっておりますので、日曜日以外にご来院ください。
  • 子連れで来院した際、子供と待てる場所はありますか?
  • キッズルームがあります。詳しくはお子様連れの患者様へのページを確認してください
  • 他院の感染症検査の結果は使用できますか?
  • できません。当院で検査させていただきます。

初めてご来院の方へ

  • 初めて来院する際に必要なものはありますか?
  • 初診当日かかる費用はどれくらいですか?
  • 保険適用でご夫婦あわせて10000円ほど、感染症検査費用は保険適用外です。
  • 初診の際、夫婦で来院しなければいけないのですか?
  • ご主人様の精液検査が必要な場合もありますが、ご夫婦での来院が難しい場合には奥様お一人でも結構です。
  • 他院からの紹介状は必要ですか?
  • お持ちでしたらご提出ください。お持ちでない場合、他院での過去の治療内容を問診票にご記入いただければ結構です。

各種相談

  • 鍼灸、マッサージは受けてもよいですか?
  • 受けていただいてかまいません。
  • 歯科治療は受けてもいいですか?
  • 受けていただいてかまいません。
  • 人間ドックでレントゲン撮影は治療に影響がありますか?
  • 影響はありません。
  • 男女の産み分けはできますか?
  • 当院では行っておりません。
〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-6-3 MMパークビル2F